关阳青

天气日益热起来,买大盆栀子花和茉莉,放在客厅阴凉处,睡觉时芳香于枕边嗅闻而止。午后的雨,声很大,很快就停。午睡之后吃樱桃,黄昏时天边时有彩霞,深夜青蛙叫声忽远忽近,女孩纷纷穿上碎花连衣裙,夏日已至。

今夜,我的嗓音是一列被截停的火车,   你的名字是俄罗斯漫长的国境线。

燥热的夏天,光亮白灼的阳光,你站在柏油马路的中央,呜咽的喝下一口干净的矿泉水

卡拉马没有墙:

《城镇青年》的片尾曲
非常安静、舒缓、又清新的曲风
和歌手温暖的声音
让人想起盛夏午后卧在院子里慵懒的猫咪
老奶奶提着篮子从篱笆墙外经过
徐徐的微风吹过
金色的阳光洒在地上
空气里飘着淡淡的花香
就是这种惬意而又安心的生活
让人感恩

駆け足で ウチに帰る 子供たちの声がする
kakeashide uchini kaeru kodomotachi no koega suru
つま先で 石を蹴りながら
tsumasakide ishiwo kerinagara
めぐりめぐる 帰り道
megurimeguru kaerimichi
谁かの财布拾って 交番まで届けた
darekano saifu hirotte kouban made todoketa
いつか 时が 过ぎて 仆ら
itsuka tokiga sugite bokura
ただの大人になったとしても
tadano otonani natta toshitemo
今のままの このままの 自分でいられるかな?
imano mamano kono mamano jibunde irareru kana
ハタチになって更に 二年二ヶ月が过ぎた
hatachini natte sarani ninen nikagetsu ga sugita
やみくもに わけもわからず 我が尽で
yamikumoni wakemo wakarazu wagamama de
ここまで来たけど
kokomade kitakedo
どこにも 辿り着けてない
dokonimo tadori tsukete nai
谁にも 出会えていない
darenimo deaete inai
いつか 时が 过ぎて 仆ら
itsuka tokiga sugite bokura
ただの大人になったとしても
tada no otonani natta toshitemo
今のままの このままの 自分でいられるかな?
imanomamano konomamano jibunde irareru kana
心 折れて 梦に やぶれ
kokoro orete yumeni yabure
ただの大人になったとしても
tada no otonani natta toshitemo
今のままの こんなままの 自分でいられるかな
imanomamano konna mamano jibunde irareru kana